循環型社会づくり

これまでの大量生産・大量破棄というごみを大量に発生させてしまう社会経済システムを改め、環境に負荷の少ない循環型社会をめざしていくことが必要です。
そのため、「もったいない」の心で、3R ≪リデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、
リサイクル(再利用)≫の取り組みを行っていきます。