区内の貴重な財産である自然環境を次世代に引き継ぐために

水辺の環境調査

江戸川区内の一級河川・河川敷(江戸川・荒川・新中川)および、葛西沖の人工なぎさ・東なぎさにおける環境モニタリング調査を年4回行っています。

蓄積したデータは、今後の環境保全の基礎資料にするとともに、調査を通じて水辺環境の保全意識を高めています。

 

植物調査

 季節ごとに在来種や帰化植物の種類、生育状況を調べています。

 植物調査      
     

鳥類調査

河川流域や葛西臨海公園は、多くの野鳥にとって貴重な生息域です。

特に冬季は、スズガモなど渡り鳥にとって、安心のできる生息地となっていることから、その生態を調査します。

鳥類調査 ユリカモメ スズガモ
 鳥類調査    

 

 

魚類・底生生物調査

河川・海の魚類を捕獲し、種類・大きさを調べます。また、貝類、エビ・カニ類などの多くの底生生物が確認できます。

戦場調査 投網による捕獲 底生生物調査
船上調査 投網による捕獲 底生生物調査
     
ギンブナ クロベンケイガニ トビハゼ

 

生き物図鑑

水辺環境調査のデータをもとに生き物図鑑を作成しています。

 

■荒川生き物図鑑    こちらからダウンロードできます。生き物図鑑1

 

 

■江戸川生き物図鑑    こちらからダウンロードできます。

 生き物図鑑

 

 ※「江戸川生き物図鑑」は平成28年度河川基金の助成を受けて作成しました

 

 

過去の結果

水辺

 

 

 25水辺

 

 

  24水辺

 

 

 

 23水辺

 

 

 22水辺

 

 

 21水辺

 

 

 20水辺

 

 

 19水辺

 

 

 18水辺

 

 

 17水辺

 

 

 16水辺