ブログ詳細

西葛西図書館で「緑のカーテンを一緒につくろう」

本日は、毎年恒例となりました、西葛西図書館主催

「緑のカーテンを一緒につくろう」が開催されました。

 

えどがわエコセンター低炭素社会づくり委員会の委員

奈良が講師、齋藤が進行を務めました。

 

さらに、えどがわエコセンター企業会員

㈲プラネット・コンサルティングネットワーク代表取締役社長、岡島桂一郎氏を

アドバイザーとしてむかえる、という☆豪華キャスト☆でした。

 

講義のなかで、植物の根っこが吸収する水を理解していただくため、

「園芸土」「黒土」「砂」に水を通す実験を行いました。

 

ゴーヤは「水はけ」のよい土が好きで、水をぐんぐん吸い込んで成長します。

水が土にとどまりすぎては、根腐れをおこします。

かといって、重力で水がさっと出て行ってしまう「砂」では、ゴーヤが水を吸収することができません。

 

 

そして、ゴーヤを「緑のカーテン」にして、

エアコンの使用を控えて涼しい夏を過ごすために欠かせないのが「摘心(てきしん)」という作業です。

 

簡単に言えば、生長点を切ってしまうことで、つるが横に伸びるように仕向けます。

そうしてできた「こづる」「まごづる」に実がなります。

 

では、実践にはいります。

土を配合します。

 

苗を植えました。

9つのプランターをつくりました。

西葛西図書館の近隣の方は、ぜひ、ゴーヤを見に行ってください。

 

2014年04月29日