ブログ詳細

「子ども環境教室 夏休み特別授業」 最終授業

「子ども環境教室:夏休み特別授業」の最終授業が

8月23日(金)行われました。

 

1時間目は・・・

1ヶ月間取組んできた「省エネ」活動についての「まとめ」と報告を発表形式で行い、

ユニークな省エネ作戦など飛出し、なごやかな報告会となりました。

 


2時間目は・・・

江戸川区土木課の関野主査による、江戸川区の防災対策の現状についてのお話しを聞きました。

区は温暖化や地震による災害を想定しての取組みをしており、

みなさん区民は、三日間の水と食料の確保を準備してほしいとの要望がありました。

 

 

 

3時間目は・・・

「しゅわ・しゅわ実験」をしました。みんなで「一味、ちがったフルーツ」をいただきました。

美味しいね!こんなの初めて!!!とみんな、大喜びでした。

 

その後、保坂先生がドライアイスを使って、

10円玉を「笑わせる」と言って、笑わせることに成功し、

みんな、大いに笑いました。

 

 



「子ども環境教室:夏休み特別授業」の全過程を習得し、

二酸化炭素の削減に寄与した功績をたたえ、

全員に、えどがわエコセンターの「小林理事長」より、修了証をいただきました。

 又、授業の終了に当って、理事長からは

今回、学んだ「温暖化や省エネについて」、

家庭や学校で引き続き、すすめてくださいとのお話しがあり、

無事に授業が終わりました。

 



         修了証をもって全員、記念写真

 

●●今回、授業に参加した子どもたちの声●●

 ①CO2の実験や工作が楽しかった。

 ②エコリーダーでの省エネ作戦をもう一度、やりたぁ~い。

 ③地球温暖化について、もっと知りたい。

 ④先生がやさしくて、授業も楽しかったのでまた、来たぁ~い。

 

 などの声が多くありました。

 

 

2013年08月26日